ハードコンタクト即日発送

ハードコンタクトのメリット


ハードコンタクトレンズのメリットを考えてみましょう。ハードコンタクトレンズには、使い捨てタイプのものはありません。通常2〜3年くらいもつので、と ても経済的であるといえるでしょう。もちろん毎日のケアが必要になるのでケア用品は揃えることになりますが、それでも使い捨てタイプのものと比べると、コ ストはかなり低くなります。これは大きな魅力だと思います。

ハードコンタクトレンズの場合は、目にゴミが入るとそれがどんなに小さなもの でもとても痛いです。風の強いなどは目にゴミが入りやすくなるので、苦労すると思います。また、目に小さな傷があるだけでも、とても強い痛みを感じます。 これらはちょっと不便なようにも感じますが、目の健康面から考えると良いことなのです。目にゴミが入ったり傷があったりするとすぐにわかるため、目を傷つ けずに済んだり、目の病気の早期発見・早期治療につながるのです。

ハードコンタクトレンズは、毎日のケアが必要になります。少々面倒ではありますが、ソフトコンタクトレンズに比べれば簡単なケアで済みます。またレンズが丈夫なので取り扱いやすいと思います。

コ ンタクトレンズや眼鏡で視力矯正をされている方の中には、乱視の方も多いと思います。一般的には角膜乱視の方が多いのですが、コンタクトレンズの場合はレ ンズの性質上、ハードコンタクトレンズの方が乱視矯正力が優れています。乱視の強い方には、ハードコンタクトレンズが向いているといえるでしょう。

ハードコンタクトレンズは、ソフトコンタクトレンズよりも大きさが小さくなります。そのため、目に酸素が行き渡りやすくなります。また、レンズ自体も酸素透過率が高いので、長時間装用する方はハードコンタクトレンズの方が快適に過ごしやすいかもしれません。

ハードコンタクトレンズは、ソフトコンタクトレンズと比べると装用した時に異物感があります。慣れるまでに通常で1〜2週間ほどかかります。中には全く慣れることが出来ないという方もいるようですから、購入前にレンズを試してみた方が安全かもしれませんね。

また、ハードコンタクトレンズはズレやすく外れやすいので、激しいスポーツをする方には向かないでしょう。

ハー ドコンタクトレンズは使い捨てではないので、もしなくしてしまった場合、替えのレンズがないということになります。新しいコンタクトレンズをすぐに用意出 来るわけではないので、その間は不便な思いをすることになってしまいます。使い捨てコンタクトレンズの場合は常に替えのレンズがあるため、そういった心配 はなくなります。こういったことから、使い捨てタイプのコンタクトレンズを選ばれる方も多いようです 。

 

レンズボンバーでハードコンタクトを即日発送で入手

レンズボンバーでは、シード、メニコン、ニチコン、東レ、HOYA、ボシュロムなどのハードコンタクトレンズを取り扱っています。