1日使い捨てコンタクト即日発送

1日使い捨てコンタクトのメリット


1日使い捨てタイプのコンタクトレンズのメリットって何でしょう。まず、毎日新しいレンズを装用するので、とても衛生的だといえると思います。レンズの汚 れは、目のトラブルの原因にもなります。1日使い捨てタイプですと、毎日清潔なレンズを装用出来るので、目のトラブルが起きにくくなります。そういった意 味では、医療費の節約にもなるかもしれませんね。

花粉が飛ぶ時期などは、レンズにも花粉が付着しやすくなります。これはアレルギー症状を 引き起こしたり、装用感に違和感を感じたり、目やになどの分泌物が増える原因にもなります。1日使い捨てタイプならばこういったトラブルも少なくなりま す。花粉の多い時期だけでも、1日使い捨てタイプのレンズに替えてみるというのも良いかもしれません。

1日使い捨てタイプのコンタクトレ ンズのメリットとして、面倒なレンズのケアが必用ないということもあると思います。疲れている時などは、レンズのケアをするのは面倒なものです。ケアが不 要ということは、ケア用品を揃える必要もないということです。ケア用品分の費用が浮くということにもなりますね。また、旅行に行く時など、ケア用品を持参 しなくて良いので助かります。

連続装用のレンズの場合は、装用期間をきちんと守らないと目のトラブルを引き起こす原因にもなります。装用 期間を守るためには、使い始めた日や交換する日をきちんと覚えておく必要があります。でも、うっかり忘れてしまったりすることもあるんですよね。1日使い 捨てタイプの場合は、こういったわずらわしさがなくなります。

1日使い捨てタイプのレンズは1日で交換するため、強度や耐用性をそれほど 強くする必要がありません。ですので、使い捨てタイプの中でも1日使い捨てタイプが一番レンズを薄くすることが可能なのです。また、装用期間が短いので、 細菌の繁殖の心配をせずに、レンズに水分を多く含ませることが可能です。こういったことから、レンズの酸素透過性が高くなります。目に十分な酸素が行き渡 ると装用感も良くなりますし、目のトラブルも起こしにくくなります。

コストの面から考えると、1日使い捨てタイプのレンズの場合は、2週 間使い捨てや1ヶ月使い捨てのレンズと比べると一番お高くなります。そういった理由から、1日使い捨てタイプではなく、2週間や1ヶ月使い捨てタイプのレ ンズを選ばれる方も多いようです。

ただ、1日使い捨てタイプの場合は、ケア用品分の費用がかからないといメリットはあります。ケア用品の費用分を除くと、 連続装用のレンズとのコストの差は少し縮まると思います。また、装用しない日はコストが全く発生しないこと、もしなくしてしまった場合でも1日分のコスト で済むというメリットもあります。そういったメリットも考慮した上で、コンタクトレンズのタイプの選択をされると良いと思います。

1日使い捨てタイプのレンズの場合、装用後、一度目から外したら再び使うことは出来ません。眼鏡と併用していている方や、1日の中でコンタクトレンズの脱着を繰り返す方などには向かないかもしれません。

 

レンズボンバーで1日使い捨てコンタクトを即日発送で入手

レンズボンバーでは、ワンデーアキュビュー・シリーズ、メダリストワンデー、デイリーズアクア・シリーズ、ワンデーファインUV、エルコンワンデー・シリーズ、プライムワンデーなどの1日使い捨てコンタクトを取り扱っています。