1ヶ月使い捨てコンタクト即日発送

1ヶ月使い捨てコンタクトのメリット


1ヶ月使い捨てタイプのメリットとして一番に考えられるのは、1日使い捨てタイプや2週間使い捨てタイプよりも価格が安いということがあると思います。 1ヶ月使い捨てタイプは2週間使い捨てタイプと同様に毎日のレンズケアが必要になります。そのため、ケア用品を買い揃える必要はありますが、それでも1日 使い捨てタイプや2週間使い捨てタイプよりもコストは安くなります。これは大きな魅力だと思います。

1ヶ月使い捨てタイプは、1ヶ月経ったら破棄して新しいレンズに交換します。交換時期を忘れないように、月初から月末までというように、1ヶ月サイクルで交換すると覚えやすいかもしれませんね。

使 い捨てタイプのコンタクトレンズは、その日数分を装用したら交換するのではなく、開封してからの日数で考えます。つまり1日使い捨てタイプの場合は、1日 に2〜3時間しか装用していなかったとしても、1日経過したら破棄しなければなりません。そう考えると、眼鏡との併用をしている方などは、1日使い捨てタ イプでは高くついてしまうかもしれません。1ヶ月使い捨てタイプでしたらきちんとケアをすれば1か月間使えます。眼鏡との併用で使い捨てレンズを望まれる 方には、コストの面から考えると向いているかもしれません。

1ヶ月使い捨てタイプのデメリットとしては、1日使い捨てタイプとは違い、毎 日レンズのケアをしなければならないということがあるでしょう。当然、ケア用品代もかかります。レンズケアを怠りレンズが汚れたままだと、目のトラブルを 引き起こす可能性も高くなります。しっかりとケアをしましょう。

また、1日使い捨てタイプや2週間使い捨てタイプと比べると、1ヶ月使い 捨てタイプの方が酸素透過性は悪くなります。これは1ヶ月持たせるために強度や耐久性が必要になり、レンズを薄くすることが出来ないためです。また、細菌 の繁殖を抑えるために、レンズに水分をたくさん含ませることが出来ないためでもあります。そのため、1日使い捨てタイプや2週間使い捨てタイプと比べると 酸素透過性が悪くなり、目が乾きやすくなります。

 

レンズボンバーで1ヶ月使い捨てコンタクトを即日発送で入手

レンズボンバーでは、エアオプティクスEX、ビューノ、アイレ30、マンスリーファインUVの1ヶ月使い捨てコンタクトを取り扱っています。