実店舗コンタクトレンズショップ

実店舗は当日入手可能だが、店舗に行く必要と処方箋費用が必要


買い置きの使い捨てコンタクトレンズの在庫がなくなってしまい、もう明日使用するレンズも無くなってしまったようなシチュエーションとなった場合、とにかく今日のうちに新しいコンタクトを入手しなければなりません。即日発送のコンタクト通販ても、商品の到着は翌日か翌々日になるでしょうから、それでは間に合いません。

そのようなときにはどうしたらよいのでしょうか。そのような際は、街などにある実店舗を利用して下さい。レンズデータの種類などによっては店舗在庫が無い場合もありますが、一般的なレンズデータのコンタクトの場合は、きっと在庫があるでしょう。アイシティやメニコンショップ、中央コンタクトなどの実店舗を訪ねてみると良いと思います。

ただし、このような実店舗はコンタクト購入の際に、処方箋の提出を義務付けています。有効期間が有効なコンタクトレンズ処方箋をお持ちで無い場合、お店で紹介してもらう眼科医で眼の検診を受け、処方箋の発行をしてもらってからでないと、これらのお店でコンタクトを購入することができません。

お店でのレンズ価格が仮に安かったとしても、これとは別に処方箋発行費用が掛かることは忘れないで下さい。処方箋不要通販店を利用するのとは別に、処方箋発行費用、店舗に行く交通費といった費用面の追加、眼科での待ち時間、お店に行くまでの移動時間も掛かることとなります。

ただし、どうしても本日中にコンタクトレンズを入手しなければならない場合の、唯一の手段であることには間違いありません。