2週間使い捨てコンタクト即日発送

2週間使い捨てコンタクトのメリット


2週間使い捨てタイプのコンタクトレンズのメリットを考えてみましょう。まず、1日使い捨てタイプよりも、レンズの値段が安いということがいえると思いま す。2週間使い捨てタイプは毎日のレンズケアが必要になるためケア用品代はかかりますが、それでも1日使い捨てタイプよりはコストを抑えることができま す。こういった理由で2週間使い捨てタイプを選ばれる方も多いようです。

2週間使い捨てタイプは毎日のケアは必要になりますが、従来のソ フトコンタクトレンズに比べれば簡単なお手入れで済みます。また、装用期間が短く汚れがたまる前にレンズを交換することになるので、ケアをキチンと行いさ えすれば、清潔なレンズを装用することが出来ます。レンズの汚れは目のトラブルの原因になるので、常に清潔なレンズを装用したいものです。

2 週間使い捨てタイプのコンタクトレンズのデメリットは何でしょうか。2週間使い捨てタイプの場合、1日使い捨てタイプに比べて酸素透過性は低くなります。 これは、1日使い捨てタイプほどレンズを薄くしたり、含水率を高めることが出来ないためです。このため、1日使い捨てタイプと比べると酸素透過性は低くな り目が乾きやすくなります。

また、従来のソフトコンタクトレンズよりは簡単ではありますが、毎日のレンズケアが必要になります。ケアをキ チンとしないと目のトラブルを引き起こす原因にもなるので、面倒がらずにしっかりと行うことが大切です。また、ケアが必要ということは、ケア用品を揃える 必要も出てくるのでケア用品代がかかるということにもなります。

2週間使い捨てタイプは、コストの面では1日使い捨てタイプほどはかかりませんが、従来のソフトコンタクトレンズや1ヶ月使い捨てタイプのコンタクトレンズよりはコストがかかることになります。

コ スト面や衛生面から考えると、2週間使い捨てタイプは1日使い捨てタイプと従来のソフトコンタクトレンズの中間に位置するコンタクトレンズといったところ でしょうか。

2週間使い捨てタイプの使用期限2週間というのは、装用した日数ではなく、開封してからの日数になります。例え1日しか装用していなくても、 開封してから2週間たったら破棄しなくてはいけません。このようなことを考慮して、ご自分のライフスタイルに合ったタイプのレンズを選ばれると良いと思い ます。

 

レンズボンバーで2週間使い捨てコンタクトを即日発送で入手

レンズボンバーでは、アキュビュー・シリーズ、メダリスト・シリーズ、エアオプティクスアクア、2ウィークファインUV、ロートモイストアイ、ロートi.Q.14アスフェリック、キャンビュー、エルコン2ウィークなどの2週間使い捨てコンタクトを取り扱っています。